近視が進むと頭痛が起こりやすくなる|視力低下に注意

運転した後に起こる頭痛の大きな原因の1つが目の疲れ
です。目の疲れを予防するためには、いかに見やすい
状態にして目の負担を減らすかが重要になります。


近視や遠視、乱視、不同視、斜視などがあると、程度にも
よりますが目の見え方は悪い状態になるので、目の負担
は大きくなってしまいます。


近視とは
網膜の手前で焦点が結ばれてしまうため、近くのものは
見えるのですが、遠くのものがぼやけて見えます。

遠視とは
網膜の後で焦点が結ばれてしまうため、近くの物も遠くの
物もぼやけてみてます。

乱視とは
目の焦点を調整している角膜と水晶体がゆがんでいるため、
焦点が合わず、近くのものも遠くのものもぼやけて見えます。

不同視とは
左右の目の視力が極端に違うことを言います。
例えば、左が1.0、右が0.3など。ものがぼやけて見えたり、
距離感がつかみにくかったりします。

斜視とは
左右の目の視線が別々のところを向いていしまうことを言い
ます。それぞれ別のところを見ているので、物が2重に見え
たり、立体感を感じられなかったりします。


これらの症状は年齢とともに悪くなるので、知らぬ間に
使っているメガネやコンタクトが合わなくなっていることが
よくあります。


目の見え方が変わってきたと感じた場合は、眼科に行って
検査を受けてみてください。


>>疲れ目に効くブルーベリーを手軽に取るには・・・

TOPPAGE  TOP 

太陽光発電 変換効率