運転の緊張で目が乾くときは

車の運転をしていると、人が飛び出してこないかとか、隣の車はどう動くのかなど
緊張の連続です。緊張は目の乾燥を進めてしまいます。
その働きを調整しているのが、緊張と自律神経の関係です。

自律神経とは、自分の意思とは関係なく身体を動かす指令を出している神経です。
手や足と違って、心臓や肺などは寝ているときでも、常に動き続けていますよね。
これは、自律神経が独自の判断でコントロールしているから出来ることなのです。

涙の量や自然に起こるまばたきも、この自律神経がコントロールしています。
緊張しているときは涙の量が減り、まばたきの回数も減ってしまいます。
これが、運転をしていると目の乾燥が進む1つの原因となっています。

運転をしているときは、緊張していないのは逆に危険なことですが
好きな音楽聞いたり、歌ったりして、適度な緊張になるようにしましょう。
また、意識的にまばたきもして、目の渇きを防ぎましょう。


運転による頭痛解消には

TOPPAGE  TOP 

太陽光発電 変換効率