サングラスをかけて運転すると頭痛が防げることも|紫外線対策

昼間の運転中に見える景色の中にはたくさんの紫外線が
含まれています。
最近、この紫外線が目の疲れを起こす原因の1つと
いうことが研究結果から明らかになってきました。


さらに、太陽光や路面や建物、周りの車などによるギラギラ
した反射光も目の疲れを増やす原因の1つになります。
ギラギラとした光が入ってくると、目はその光に耐えるため
眉間に力を入れてシワを寄せます。


目に余計な力が入っているので、通常の運転よりも目の疲れ
は酷くなります。紫外線やギラギラした光により目が疲れると
頭痛を発症することがあります。


そんな紫外線やギラギラした光を防ぐためにはサングラスが
有効です。サングラスは、刺激の強い光景を、目に優しい
光景に変えてくれます。さらに、周りの光景が見やすく
なるので安全運転にもつながります。


特に、サングラスの中でも薄い赤いサングラスがが良いと言わ
れています。赤いサングラスをかけると、頭痛の頻度は70%
程度減り、青いサングラスをかけると、頭痛の頻度は22%増加
すると言われています。


夏場など太陽光が強いときは、腕や顔の紫外線対策だけでなく、
目の紫外線対策もしっかり行いましょう。


>>運転で疲れた目にはブルーベリーが効果的

TOPPAGE  TOP 

太陽光発電 変換効率