目薬の正しい差し方|間違った差し方では効果が半減

目薬は正しい差し方をしないと十分な効果を得ることが
出来ません。


正しい目薬の差し方
目薬は、まず手を洗い、目の周囲をウェットティッシュなどで
拭いて清潔にして、目に汚れが入らないようにしてから差し
ます。

目薬は直接目に垂らすのではなく、下まぶたを指で下に
引っぱり、その部分に垂らします。このとき、容器の先端が
まつ毛に触れないように注意します。


垂らしたら、目頭を抑えながら一分間くらい目を閉じます。
目頭を抑えることで、目薬が涙管を通って鼻に流れ出す
のを防ぎます。


目薬を差した後に、目をパチパチさせている人を見かけ
ますが、あれをすると目薬が流れ出してしまうことがある
ので、やらないようにしましょう。


目薬の量は1回一滴です。
効果を高めたいからと言って、数滴垂らしても意味はあり
ません。効果を高めたいのであれば、回数を増やすように
しましょう。


と言っても、目薬の差しすぎは目に悪影響を及ぼすことが
あるので注意してください。
1日に差して良い目薬の回数は、それぞれ違うので説明書
で確認してください。


>>ブルーベリーを一緒にとるとさらに効果アップ

TOPPAGE  TOP 

太陽光発電 変換効率