ビタミンAで目の疲れを解消|目の機能低下を防ぐ働きがある

ビタミンAは目の機能を高める効果があるため
目のビタミン』と言われることがあります。

目に入ってきた光は、目の奥にある網膜に像を結びます。
このとき、網膜内にあるロドプシンという物質が分解して
光に応じた信号を出します。この信号が脳に送られること
で、人は光を見ることができます。

分解したロドプシンはすぐに再合成されるのですが、
運転などで目を使いすぎると、分解のスピードが早まります。
そのため、再合成するよりも早く分解するため、ロドプシン
の数が減少します。

すると、目に光が入ってきても、十分な信号を出すことが
出来なくなり、脳が光を認識しにくくなるため、目の機能低下
が起こります。

詳しいことは、アントシアニンで目の疲れを解消を見てください。

光を感じるときに重要な働きをしているロドプシンは、タンパク質
とビタミンAから作られています。
つまり、十分なビタミンAがあるとロドプシンがどんどん作られ、
目の機能低下を防ぐことができるのです。

また、ビタミンAには目の乾燥を防ぐ働きもあります。
古くなった粘膜や皮膚が新しいものに生まれ変わることで、潤い
を保っています。ビタミンAはこの粘膜や皮膚が生まれ変わるとき
に必要となります。

もし、ビタミンAが不足してしまうと、粘膜や皮膚は新しいものに
生まれ変われず、古いままなのでどんどん乾燥してしまいます。

>>目の良い栄養素を簡単に取るには

関連記事

関連記事がありません。