目に良い食べ物は|バランスの取れた食事をすることが大切

目に言い食べ物で今一番注目されているのがブルーベリー
ではないでしょうか。テレビ番組や雑誌などで特集が組まれ
たり、サプリメントも売られているので知っている人も多いの
ではないでしょうか。

ブルーベリーの皮に多く含まれている紫色の色素
『アントシアニン』が目の機能を助けてくれるので、目に
良い食べ物と言われています。
ブルーベリー以外にも、目に良い食べ物はたくさんあります。

ほうれん草やにんじんなどの緑黄色野菜、うなぎやレバー、
バターには、目の渇きを防いだり、目の働きを助けるビタミンA
がたくさん含まれています。

うなぎ、豚肉、卵、サンマ、サバ、大豆などには、目の疲れを
和らげるビタミンBがたくさん含まれています。

アセロラ、グレープフルーツ、柿などの果物、ピーマン、ブロッコリー
などの野菜には、ストレスからくる目の疲れを和らげるビタミンC
をたくさん含んでいます。

また、ブルーベリーに含まれているアントシアニンは、しそや黒豆、
ぶどうにもたくさん含まれています。

このように目に良い食べ物は色々ありますが、これだけを食べて
いれば良いというわけではありません。
目の健康も身体の健康もさまざまな栄養素が複雑に絡み合い
保たれています。

つまり、偏った食事ではなくバランスの取れた食事を取る
ことが最も大切なのです。

>>目に良いアントシアニンを手軽に取るには・・・

関連記事

関連記事がありません。