戦国時代の目薬がサプリメントに

戦国時代の目薬がサプリメントに

戦国時代の目薬がサプリメントに

戦国時代の頃から眼病などに効果があるとされ、樹皮を煎じて利用されていた樹木
があります。その名前もずばりメグスリノキ(目薬の木)です。

戦国時代頃からかすみ目や老眼、近視など、目の健康に効果があるとされ、
その木の皮を煎じた汁は、点眼薬や洗眼薬などとして利用されていました。

江戸時代以前から江戸時代初期まで評判となっていたメグスリノキですが、
一部の山間の地域を除き、明治時代以降は忘れられた存在になってしまいました。


しかし、メグスリノキの葉や樹皮に含まれている成分や機能性が明らかになり、
再び注目が集まるようになりました。
現在では、メグスリノキの樹皮を乾燥させたメグスリノキ茶が飲む目薬として
売られています。

さらに、目の健康に良いと言われるサプリメントにも含まれるようになり、
その効果にますます期待が集まっています。


運転による頭痛解消には


TOPPAGE  TOP 

太陽光発電 変換効率