ルティン(ルテイン)で目の健康を保つ

アントシアニンは、ブルーベリーの皮に含まれている紫色の色素ですが、
もう1つ目に良いと言われている植物の色素があります。
ほうれん草やブロッコリーなどに含まれている黄色の色素ルティンです。

人間の体内、特に目の水晶体や網膜の中心部の黄斑部に多く存在し、
目の健康を保っていると言われています。


目の角膜から入った光は水晶体により調整され、黄斑部に像を結ぶことで人は
物を見ることが出来ます。このとき同時に、水晶体や黄斑部は入ってきた光に
よりダメージ受け、光に含まれる紫外線により酸化が進みます。

水晶体や黄斑部にダメージが溜まったり、酸化が進んでしまうと目のかすみや
視力の低下などの症状が起こってしまいます。

ルティンには、有害な光を吸収したり、酸化を防ぐ働きがあり、光や紫外線
から目を守っていると言われています。
しかし、ルティンは体内で作り出すことが出来ず、加齢にとともに減少します。

なので、目の健康を保つためには、ルティンが多く含まれるほうれん草や
ブロッコリー,カボチャなどの緑黄色野菜をたくさん食べることが重要です。


運転による頭痛解消には

TOPPAGE  TOP 

太陽光発電 変換効率