ビタミンAの上手な摂り方

ビタミンAの上手な摂り方

ビタミンAの上手な摂り方

ビタミンは色々な種類がありますが、大きく分けると2種類に分けることが
出来ます。1つが水溶性ビタミン、もう1つが脂溶性ビタミンです。
その名前の通り水溶性は水に溶け、脂溶性は油に溶ける性質があります。

目に良いビタミンAは脂溶性ビタミンなので、ビタミンAを多く含む
にんじんなどの緑黄色野菜、レバーやうなぎを食べるときは油で炒め、
その油まで一緒に食べると効率よく摂取できますよ。

サラダなど生で食べたいときは、ドレッシングをかけると効率よく摂取できますよ。


ビタミンAを摂取するときは、過剰摂取に注意しなくてはいけません。
ビタミンAは油に溶けますが、水には溶けません。つまり、おしっこに溶けない
ため身体の外に排泄することが出来ないのです。

つまり、必要以上にとってしまうと、どんどん体内に溜まってしまいます。
ビタミンAを過剰摂取すると、頭痛やめまい、吐き気などが起こることがあります。

なので、ビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれているベータカロチンで摂るようにしましょう。
ベータカロチンは、普段は過剰摂取の心配のないベータカロチンの形で存在して
いますが、ビタミンAが不足するとビタミンAに変化するのです。

目の疲れや目の乾きなどが気になりだしたら、緑黄色野菜をたくさん食べるように
しましょう。それでも、足りないときはサプリメントなどで栄養補給しましょう。
もちろん、サプリメントもベータカロチンを含んだものを選んでください。


運転による頭痛解消には


TOPPAGE  TOP 

太陽光発電 変換効率