アントシアニンで目の疲れを解消

ブルーベリーの皮に含まれる紫色の色素アントシアニン
アントシアニンが目にいいといわれるわけは、目の機能を働きがあるからです。

光は、角膜から入り、水晶体で調整され、奥にある網膜に映し出されます。
すると、網膜は映し出された光にあわせて信号を出します。
その信号が視神経を通り、脳に伝わることで人は物を認識します。
eye1.JPG

網膜が光を受け取ったときに出す信号は、網膜内にあるロドプシンという成分が
分解されたときに作られます。通常、ロドプシンはすぐに再生するのですが、
目を使いすぎると、再生が追いつかなくなります。

すると、目に光が入ってきても認識できないという状態になります。
アントシアニンは、ロドプシンの再生を促進する働きがあるため、目の機能を
高めることが出来るのです。

日本ではまだサプリメントとして使われることが多いですが、海外では早くから
研究が進み、医薬品の原料としても使われています。

アントシアニンはブルーベリーだけではなく、シソやぶどう、黒豆などにも
含まれているので、上手に摂取して目の疲れを和らげましょう。


運転による頭痛解消には

TOPPAGE  TOP 

太陽光発電 変換効率