疲れ目に効く3つのツボ|いつでもどこでも簡単に押せます

目の疲れに効くツボはいくつかあるのですが、その中でも
効果の高いのが睛明(せいめい)、客主人(きゃくしゅじん)、
風池(ふうち)の3つツボです。


睛明(せいめい)
目頭と鼻の間にある凹んだ部分です。
目が疲れたときに、自然とつまんでいる人も多いのでは
ないでしょうか。

この部分を目をつぶりながら親指と人差し指でつまむ様
に押します。目を押し込まないように気をつけてください。


つまみながら目を上下、左右に動かしたり、まぶたを強く
閉じたりすると、色々な方向から刺激を与えることが
出来るのでツボ押しの効果が高まります。
つぼ押しは約1分程度行います。


客主人(きゃくしゅじん)
コメカミ周辺にあります。目じりから髪の毛の生え際に
かけて引いた線の中央です。
この部分も目が疲れたときや目の奥が痛くなったときに
自然と押している人が多いと思います。


人差し指の上に中指を乗せると、円を描くように押します。
中指を乗せることで、人差し指をしっかり固定出来るので
滑って目に入ってしまうことを防ぐことが出来ます。


また、目の周辺は皮膚が弱いので、あまり力を入れない
ように行ってください。


風池(ふうち)
耳の後に、下に向かっている骨があります。
その骨の先端から紙の生え際にかけて引いた線の中央に
ある凹んだ部分です。


両手の親指を凹んだ部分に当てて、残りの指を頭を包み
込むように添えます。10秒程度息を吐きながら、痛気持ちい
と感じる程度の力で押します。


その後、息を吸いながら指を離します。この動作を10回程度
行います。
このツボは、後頭部にあるので疲れ目だけではなく、首こりや
肩こりにも効きます。


>>目の疲れにはブルーベリーも効果的です

TOPPAGE  TOP 

太陽光発電 変換効率