目が渇くと目が疲れやすくなるので頭痛が悪化します。

運転中は、眼の渇きにも注意しなくてはいけません。
目が渇くと充血したり、視力が低下したりして、目の負担が
増えます。当然、目の負担が増えれば、目は疲れやすく
なり、頭痛もも起こりやすくなります。


車の運転をしていると信号や標識、周りの車などを必死に
見ることになるので、まばたきの回数が減少します。
通常1分間に10から20回まばたきをしているのですが、
運転中は5回以下になっている人も多いようです。


まばたきは、目を覆っている涙の膜を作り直すきっかけに
なるので、まばたきが減ってしまうと涙はどんどん蒸発して、
目が渇きます。


さらに、運転中のエアコンが目の渇きを進めます。
エアコンをつけていると車内の空気はどんどん乾燥します。
さらに、エアコンの風が顔に当たりやすいので、目の乾燥を
進めます。


運転中は、意識してまばたきをして、エアコンをつけて
いるときは定期的に空気の入れ替えを行いましょう。


それでも、目の渇きが気になるときは目薬を使いましょう。
市販の目薬を使うときは、人工涙液を使うことをお勧めします。
人間の涙と同じような成分で作られているので目にとても
優しいです。


>>目薬は全部で5種類。それぞれの効果

TOPPAGE  TOP 

太陽光発電 変換効率