運転後に起こる頭痛の原因と対策

運転後に後頭部を締め付ける頭痛が起こる原因と解消法

運転後に起こる頭痛の原因と対策コメント(0)トラックバック(0)

運転をしたときに起こる頭痛は緊張型頭痛の可能性
が高いです。
しかし、中には偏頭痛の可能性もあるので注意してください。
緊張型頭痛と偏頭痛では解消法が正反対になります。


緊張型頭痛は、頭全体が締め付けられるような痛みと、
後頭部にズシーンとした重い痛みが起こります。
さらに、首こりや肩こりも同時に起こることが多いです。


緊張型頭痛は、目、首、肩の筋肉の血行が悪くなり、
こり固まることが原因で起こります。
なので、血管を広げ、血行を良くすることで解消
できます。


目の周りをマッサージしたり、蒸しタオルで眼を温めたり
お風呂に入ったり、ブルーベリーで血行を良くしたり
することで頭痛が和らぎます。


片頭痛は、片側もしくは両側のコメカミがズキズキと脈を
打った痛みが起こります。特に女性に多い頭痛と言われ
ています。


偏頭痛は、頭の血管が急激に広がったときに、周りにある
神経を刺激することで起こります。


血管が急激に広がる原因は、はっきりとしていませんが
緊張が解けたときやお風呂に入ったとき、さらには月経で
女性ホルモンの分泌量が変わるときに血流が増えることが
原因ではないかと言われています。


なので、血管を収縮させて、血液の流れる量を減らす
ことで解消することが出来ます。


傷む部分をアイスノンなどで冷やしたり、暗い静かな部屋
で横になったり、コーヒーやお茶を飲むと和らぐ事があります。
コーヒーやお茶に含まれるカフェインには、血管を収縮させる
働きがあります。しかし、痛みが取れるといっても、飲みすぎは
身体に良くないので注意してください。


緊張型頭痛の時は血管を広げ、偏頭痛は血管の広がりを防ぐ
ようにする。同じ頭痛でも、対処方法は正反対になります。
頭痛の予防、対策を行うときは、初めに頭痛の種類を見極める
ことが必要になります。


TOPPAGE  TOP 

太陽光発電 変換効率