頭痛の症状と原因

頭痛の症状と原因|タイプによって解消法は違います。

頭痛の症状と原因コメント(0)トラックバック(0)

頭痛と一言でいっても、症状や原因は色々なものが
あります。頭痛の種類が違えば、対策法も治療法も
違ってきます。まずは悩まされている頭痛がどのタイプ
なのか見極めましょう。


【普段起こる頭痛】
風邪や二日酔いなど原因ははっきりしているもので、
その原因がなくなれば頭痛もなくなります。


【脳の病気で起こる頭痛】
脳腫瘍やくも膜下出血などで頭痛が起こります。
病院でMRIやCTスキャンを受けることで診断する
ことが出来ます。


【慢性的に起こる頭痛】
繰り返し起こるのですが、はっきりした原因や異常
が見つからない頭痛です。
頭痛で悩んでいる人の多くがこの頭痛に当てはまる
と言われています。


さらに、慢性的に起こる頭痛は大きく分けて3つに
分けることが出来ます。
緊張型頭痛、偏頭痛、群発頭痛


『緊張型頭痛』
目を使いすぎたときにに起こりやすい頭痛です。
頭全体が締め付けられたような痛みがあり、主に
後頭部にズシーンとした重い痛みがあります。
さらに、首こり、肩こりを併発することが多いです。


頭痛に悩まされている人の8割が、この緊張型
頭痛を言われています。


『偏頭痛』
女性に起こりやすい頭痛です。
緊張などなどが解けたときや、入浴したときや、月経に
伴い起こることが多いです。コメカミ周辺が、脈打つよう
にズキンズキンとした痛みに襲われます。


『群発頭痛』
タバコやアルコール、気圧の変化などにより発症する
ことがあります。のたうちまわるほどの強い痛みに襲われ、
涙や鼻水が止まらないという症状も起こることがあります。
特に、20代~30代の男性に多く起こります。


>>目の疲れから起こる頭痛には・・


TOPPAGE  TOP 

太陽光発電 変換効率